イベントスタッフ

「イベントスタッフ募集」という求人広告が最近多くなってきた気がします。

不景気で仕事が無いからか、単発のイベントスタッフという職種に人気が集まっているようです。

どのような業務内容なのでしょうか?

ご説明したいと思います。

 

特にコンサートや野球、サッカーの試合のための設営、他にも展覧会などのイベント会場に関係する仕事です。

例えば、車や新作TVゲームが発売されたときなどに募集がかけられることが多い仕事です。

仕事内容としては会場で、食べ物や飲み物の提供を行なったり、警備したり、会場整理を行なったり、客案内に関わる仕事をすることもあります。

もっと深く関わって、イベントのセットアップ自体を手伝うこともあります。

地域やイベント内容によっても変わりますが、だいたいの時給の相場は¥900~1100くらいです。

仕事にはどれも、好ましい点と望まない点があるものですが、イベントスタッフの場合もそれぞれプラスの面とマイナスの面があります。

メリットは、スタッフという仕事をしながら、イベントの雰囲気に浸ることができるので、相対的に労働時間が短く感じられることです。

あなたが上記のようなイベント好きであるなら、この仕事はおすすめです。

大きなイベントに自分が直接関わっていて、運営において下支えしている1人なんだな、というちょっとした優越感に浸ることができるからです。

イベント本番はもちろんですが、アーティストやスポーツ選手が裏でどのような動きをしているのかということも直に見ることができます。

これは、スタッフでないと絶対見られない部分なので、特権です。

 

仕事ですから、デメリットについても知っておく必要があるでしょう。

設営が深夜までかかったりして、体力的にキツイということが挙げられるでしょう。

とりわけ、音楽関係の催しの場合、かなり重たい機材を運ぶ作業が含まれていることがあります。

 

どのように募集情報を入手するかということにも触れておきたいと思います。

求人情報誌に載っている…というのは正論なのですが、イベントスタッフ専用の派遣会社があるので、それを利用して確実に求人情報を得る方がいいでしょう。

より詳しい求人情報をいち早く見ることができ、早い者勝ちの特権を得られます。

 

このように、イベントスタッフは他の仕事と比較して、日常と離れたちょっとした夢気分を味わうこともできる職種です。