携帯電話の販売店は契約が必要

携帯電話は今ではほとんどの人が持っている、
持っていない人のほうが少ないのではないでしょうか。
携帯電話は生活をするうえでは必要なものにもなってきているのではないでしょうか。

日本で携帯電話を契約している人は約7200万人と言われています。
一家に携帯電話は複数台あるというのことが多くなってきています。

携帯電話は移動しながら通話ができるということで非常に便利でもあり、
歩きながら・運転しながら・自転車に乗りながら使う人もいますが、
事故にもつながる可能性もあるので気をつけなくてはなりません。

日本においての携帯電話の普及は1980年代に自動車電話として
アナログの携帯電話が第1世代(1G)として開始されました。

そして、第2世代(2G)としてデジタル化・TDMA方式が採用されたことで、
電波の利用効率もかなり改善されたものが1990年代後半に開始になりました。
この時期にPHSも発売されてきています。

第2世代:NTTドコモ・Jフォン(現在のソフトバンク)

第2世代の後半の1998年に第2.5世代(2.5G)として、
auがサービスを開始しました。

第3世代(3G)は通話してても雑音・通話中の途切れも少なくなり、
データ速度も最高384kbps程度可能となりました。

携帯電話が普及するにつれてデジタルカメラ機能・アプリケーションソフト実行機能・GPS機能・携帯情報端末(PDA)などいった機能が搭載されるなど進化し続けています。

携帯電話を購入する場合には販売店でという人が多いかと思います。
携帯電話を販売をする場合には代理店契約が必要となります。

代理店にはランクがありこれは契約相手によって変わってきて、
1次代理店・2次代理店・3次代理店…となっていきます。
契約の取り次ぎ業務を行う場合に代理店(販売店)コードが発行されます。

・1次代理店(au):通信事業者であるキャリアと直接契約した場合
・2次代理店(ソフトバンク):1次店と代理店契約をした場合
・3次代理店(ドコモ):2次店と代理店契約をした場合

販売店として量販店・専売店・併売店があります。

量販店は…

大型家電量販店(ビックカメラ・ヨドバシカメラ・ヤマダ電機・コジマなど)、
流通系量販店(イオン・マイカルなど)になります。

専売店は…

携帯電話(ドコモ・ソフトバンク・au・ウイルコムプラザなど)のショップになります。

併売店は…

街にある携帯電話のショップになります。
代理店契約はキャリアごとに異なってくるので、
形態により対応できる業務にも差がある場合があります。