大工・塗装工

大工と塗装工は非常にポピュラーな職種と言えるでしょう。

その業務内容については、みなさんもすでに精通しているかもしれませんが、ここでは改めてこの職種に注目してみたいと思います。

 

まずは大工について取り上げますが、大工と一言に言っても資格という意味においては厳密に分けられています。

恐らくみなさんは、「一級建築士」や「二級建築士」という資格についてお聞きになったことがあると思いますが、違いについてご存知でしょうか?

一級建築士は、以下のような条件で活躍する職種のことを指します。

つまり、国土交通大臣の免許を受けて、設計や工事監理等の業務を行なう者。

そして、学校や病院などとして利用される建築物で、延べ面積が500㎡を超えるもの。

木造建築物または建築の部分で、高さが13m以上、または軒の高さが9mを超えるもの。

鉄筋コンクリート、あるいは鉄骨、石、レンガ、コンクリートブロック、無筋コンクリートの建築物で、延べ面積が300㎡、高さが13m、または軒の高さが9mを超えるもの。

延べ面積が1000㎡を超えるもので、かつ2階建て以上のもの。

このような細かい規定に沿って、建築に携わる人を指します。

 

二級建築士は、都道府県知事の免許を受けて、設計や工事監理等の業務を行なう者。

学校や病院、映画館、百貨店などの公共建築物で、延べ面積が500㎡未満のもの。

木造建築物または建築の部分で、高さが13m、または軒の高さが9mを超えないもの。

鉄筋コンクリート、あるいは鉄骨、石、レンガ、コンクリートブロック、無筋コンクリートの建築物で、延べ面積が30㎡~300㎡、高さが13m、または軒の高さが9m以内のもの。

一級建築士と似通っているので、分かりにくいかもしれませんが、大雑把に言って一級建築士が行なう最少工事以下のものを扱うのが二級建築士という理解でいいでしょう。

 

では、塗装工についても触れておきたいと思います。

塗装工も一言では片づけられない区分がある職種です。

板金塗装というのはよく聞く塗装業の1つかと思いますが、それ以外にも塗装工は活躍しています。

建築物に塗装を行なう人や工場での金属焼付け塗装に携わる人もいます。

抗菌や抗カビ、脱臭効果がある塗装を外壁や室内などに行なう人もいます。

塗装工は建築業界と非常に近く、連携している職種なので、建築物に関心のある方であれば、このどちらも選択肢に入れることができるかもしれません。