ファッションデザイナー

「ファッション・美容」のカテゴリの中でも「ファッションデザイナー」という仕事は、とりわけ独創性を求められる仕事であると言えるでしょう。

「デザイナー」とは「デザインする人」という意味ですが、単に自分勝手にデザインしていればいいという仕事ではありません。

確かにデザイナーの実質的な作業は、デザインすることです。

しかしながら、自分の中で完璧だと思えるほどのデザインが思い浮かんだとしても、服飾品製造ラインまで立ち会って、指示を与えるデザイナーはいません。

つまり、デザインした後それがどう理解されて、実際の工程に反映されるのか、ということはデザイナーの掌中には無いことです。

それで、ファッションデザイナーに求められるスキルとして重要なのは、「いかにして自分の想像通りにそのファッションを伝えられるか、ということになります。

そういう意味においては、デザイナーはデザインを「考える」ということを重点的に行ないますが、どのようにそれを「伝える」のか、という点も十分に訓練しなければならないスキルということになります。

 

ファッションデザイナーは、まず「デザイン画」を作成します。

それに基づいて、パタンナーがマネキン人形にデザインを反映させたものを作ります。

それは、設計図として発注されることになりますが、実はこの「デザイン画」と「パタンナー」を両方とも自分で作成するデザイナーも多いようです。

その方が、前述のように、より自分の意図通りのものができあがるからです。

デザイン画を描く必要があるということを取り上げましたが、デザイナーとパタンナーが別々の場合は、デザイナーが大まかな画を描き、後は言葉による説明を加えてパターンを作るということもあります。

ですから、画が苦手だけど、ファッションセンスはあって服飾品を作りたいと思われる方でもファッションデザイナーになることはできます。

 

ファッションデザイナーになる方の多くは、絵が描くことが好きであったり、工作好きだったり、裁縫が得意だったりと、モノ作りに興味がある方が多いようです。

小さな頃から、このようなモノ作りをしてきた方で、今は全然それとは縁のない仕事をされている方でも、遅くはありません。

デザイナーを目指すことは可能です。

それで、転職先として「ファッションデザイナー」という仕事を選択肢の一つにしてみるのはいいかもしれません。