情報セキュリティ技術者

「情報セキュリティ技術者」は非常に専門性の高い仕事です。

IT関連の業種の中でも、知識面でより高いものを要求されるポジションにある職務です。

インターネットが開発されてから、ネットワークを通じて情報は無数に行き来しています。

そういった状況だと、悪意を持ったウィルスを初め、セキュリティを脅かす問題が後を絶ちません

そこで情報セキュリティ技術者の出番が来るわけです。

情報セキュリティ技術者試験というものが実施されていますが、これは当初デベロッパー側のスキルを認定するテクニカルエンジニア試験と、ユーザー側のスキルを認定する情報セキュリティのアドミニストレータ試験を統合したものでした。

「初級シスアド」という試験については、みなさんもお聞きになったことがあるのではないでしょうか?

初級システムアドミニストレータを略して「シスアド」です。

 

それはさておき、この情報セキュリティ技術者試験はスキルレベル4で、情報セキュリティ分野では最難度の試験です。

これに合格した方が高度なセキュリティを向上させるのです。

例えば、不正アクセスによって企業の機密情報が流出したという事件が時々ニュース報道でなされます。

このように、現情報技術の世界では情報漏洩などの深刻な被害に遭遇する可能性が非常に高くなっています。

そこで登場するのが、情報セキュリティスペシャリストです。

主に4つのことを担っています。

(1)情報システムの脅威となる点や脆弱性を分析、および評価し、適切に回避したり防止したりするセキュリティ機能の企画及び開発を推し進めていく点で率先するのです。

(2)情報システムやセキュリティ機能の開発プロジェクトの先頭に立ち、脅威を分析し、会社や企業としてのプロジェクト管理を適切に支援すること。

(3)セキュリティ侵犯者が現れた場合、セキュリティパッチの更新作業を行なったり、情報システム運用プロセス上の管理作業において不足している技術的な側面を強化したりすること。

(4)企業の情報セキュリティポリシーを作成し、企業内利用の促進に努め、会社の情報セキュリティ管理部門を支援すること。

 

少し難しい話になりましたが、このようなITに関連した重要な役割を担っているのが情報セキュリティ技術者です。