観光地でも導入が進む無線LANとは?

インターネットを使う時には接続をしなくてはなりませんが、
インターネットに接続する場合には今ではLANを使うことがほとんどですが、
その場合にも有線・無線でLANを接続することができます。

無線LANとは?
LANケーブルがないくてもインターネットにつなぐことができます。
そのことからワイヤレスLAN・WLANと言われれる事もあります。

無線LANは一般家庭でも使うことができるので、
無線LANを使っている人も多いかとは思いますが、
ケーブルがないので持ち運びもできて、どこでも接続することができて、
パソコン周りもすっきりとしているというメリットがあります。

また、企業でもインターネットに接続する時にはLAN接続をしていますが、
営業で外出して使うことが多い場合でも無線LANで接続できると便利ですよね。
ビジネス以外にも、外国人観光客はもちろん、国内観光客向けの無線LANを提供している行政や地域などもあります。

屋外観光地での外国人観光客WiFi利用動向調査 | 屋外・野外無線LANのポジモ
http://www.poggimo.info/application/outdoor-5/

このような無線LANを設置することで、観光客としてはその観光地のことについて詳しく調べることが可能になり、敷いては、観光地の発展などにも効果があるとされています。

無線LANで接続する場合には契約をして使うことがほとんどですが、
無料で使える場合もありますが、使える場所というのは限定されています。

無料で無線LANを使うことができるのはFREESPOT・提供・Wi-Fine・FreeMobileになり、
渋谷のハチ公前・明治神宮前交差点・名古屋栄オアシス21・都営地下鉄・阪急電鉄・主要空港・自動販売機の周辺50m以内(特定)などになります。

無線LANで接続できるのはパソコンだけでなく、他にゲーム機(ipad・ipodなど)・PDAなどでもWi-Fiで接続することができればインターネットに接続することができるようになっています。

無線LANで接続するにはIEEE802.11が標準規格になっていますが、
IEEEシリーズも修正されて新しいものが出てきて、通信速度も高速化をしてきています。

無線LANにはモードがあり一般的にはインフラストラクチャモードになりますが、
その他にもアドホックモード・インフラストラクチャモードがあります。
また、WDSモードというのがありますが、まだ標準化されていません。