情報処理(SE・PG)の仕事

情報処理(SE・PG)の仕事は現在のIT社会には欠かせない職業のひとつとなっています。

SE(システムエンジニア)は、各種システムの設計や構築など、システムの全体を統括する仕事になります。
PG(プログラマー)は、各種システムを構築すべく、様々なプログラム言語を用いて実際に構築していく仕事になります。

この様な情報処理系の仕事に就くためには、IT技術の習得が必須となります。
そのITスキルを一括して学ぶことができる養成機関のひとつに専門学校があります。

情報専門学校というのは情報技術・情報処理を扱っている専門学校になります。
情報技術を勉強する場所でもあり、情報技術にはテクノロジー系・マネジメント系・ストラテジ系があります。

情報処理学科・コースのある専門学校の学校情報を見てもわかるように、
システムの設計・開発を担う技術者の育成に特化しているカリキュラムを構成しているのが、情報処理系専門学校の特徴です。

テクノロジー系というのはコンピュータシステム・ネットワーク・データベース・ソフトウエア光学などになります。
マネジメント系はプロジェクト管理の方法論、ストラテジ系は戦略(経営・システム)になります。

情報専門学校というのは基本的に2年になていて、カリキュラムというのは、
専門学校によって多少異なることはあるかもしれませんが、
基本的に各種オペレーションシステム・システム開発(プログラム言語)・ネットワークの構築・運用・保守といった内容になります。

このように専門学校に通うことでIT技術について学ぶことができるので、
仕事にも役立てることもできて、転職をする場合には有利になることもあります。

IT技術もどんどん進化して高度化してきているということもあるのか、
企業でも上級レベルを求められることも多くあります。
そのためのプロジェクトマネジメントなどといったカリキュラムもあります。

情報処理関連の専門学校はITパスポート試験(独立行政法人情報処理推進機能)・情報処理技術者試験を受験しても合格する人が多く、応用情報処理技術者試験になると、難易度というのは高くなりますが、合格するためのサポートをしてくれます。

情報処理系の専門学校にあるコース・学科は、
専門学校によっては多少異なることもあるかもしれませんが、
コースはプログラミング・モバイルアプリ作成・Webデザイン(ホームページ作成など)・システム運用(パソコンの組み立て・システム管理など)といったものがあります。

学科は情報処理科・SE科・ビジネス情報処理科・OA関係(インストラクター科・ビジネス科)・情報システム科(コンピュータ知識・技術・プレゼンテーション技法など)・システムエンジニア科(情報処理技術者の養成)・コンピュータネットワーク科(LAN・UNIX・ネットワークコンテンツ・サーバ構築・管理・プログラミング・セキュリティなど)・高度情報処理学科などになります。

このようなITスキルを身に付けることによって、情報処理系、IT系の仕事に一歩近づけることになります。
技術そのものは難しいように聞こえるかもしれませんが、パソコンが当たり前になった現在では、
自分でプログラムを組んでみたり、webサイトを構築したり、ブログを更新したりと、日常でもその体験が可能になっています。

難しそうだからと言って委縮するのではなく、好きな情報技術を日常に取り入れることで自然とそのスキルは蓄積されてきますので、楽しんで学ぶことで、十二分に仕事に生かせるようなスキルが身に付くかと思います。