WEBディレクターの仕事とは

WEBデザイナーといえば、WEBサイトを制作する人?というイメージがわきますが、WEBディレクターとは「監督者」?というぼんやりとしたイメージになります。WEBディレクターとは、いったいどういう仕事をしているのでしょうか。
 WEBディレクターの仕事は、大変難しい仕事です。 WEB制作における全ての管理を任されているのがWEBディレクターです。その管理とは、プロジェクトの進行の管理を行う総監督であり、顧客のニーズに答えながら、プロジェクトを遂行、完遂までの指揮・管理を行います。
 プロジェクト全ての指揮をとるため、まずプロジェクトを行う人間の人選から始まり、スケジュールの作成・管理、コンテンツの内容確認、品質の管理など全てにわたっての管理者です。 聞いただけで相当難易度の高い仕事であることが分かります。
 まず顧客の要望を聞き入れ、それをまず可能かどうかを判断しなければなりません。可能にするためにメンバーを選抜する必要があります。また、メンバー各々の実力や性質に付いても把握しておく必要があります。 その上でスケジュールを立て、進行状況を管理します。 顧客の要望と作業を実行するメンバーの間の調整を行うのもWEBディレクターの仕事です。 WEBディレクターに求められるのは、全ての状況の把握、管理、判断力など、物事を大局的に見ることのできる資質のようです。
 プロジェクトを行うには、人件費、コスト、それに伴う品質なども当然関わってきます。顧客のニーズに答え、メンバーの意見にも耳を傾け、企業からのコストに関する要求も当然降ってきます。それに答えていかなければなりません。また、プロジェクトに携わる人々全体の認識を統一しておく必要もあり、そういった情報を正確に顧客とメンバー、企業それぞれに伝達していかなければなりません。 全体周知ができるかどうかもディレクターの腕にかかってきます。
 ディレクターは専門的な知識はそこまで必要ありませんが、その作業が出来るかどうかを見極める程度の知識は必要であり、コミュニケーションをとれるかどうかも重要な要素です。よい仕事が出来るWEBディレクターというのは、高い管理能力・コミュニケーション能力と人望を持っている人ではないかと思えるほど、奥深い仕事であると思えます。

最初は派遣からという方はこのサイトなどはどうですしょうか。

クリエイティブ派遣.com