JP1ソリューションによるシステム運用管理

JP1ソリューションは総合的な運用管理を行うソフトウエアで
ユーザー管理・サービス管理・イベント管理を行います。

JP1ソリューションを行っている企業はこんなところがあります。

JP1ソリューション|株式会社CIJ

すべてのIT機器を連携し、IT運用において自動化やリスクの
事前予測などを行います。JP1は監視システムを有しリスクの
事前予測やサービスレベル、サービス可用性など総合的な監視
を行います。さらに自動化を用いて人的エラーを取り除き、
信頼性の高い運用を提供します。これに加え、ITコンプライアンス
にも対応しており、資産管理、セキュリティ管理も行います。
また、構成管理も行い、リソース、ネットワーク、ストレージ、
サーバーやサポートシステムなどインフラ管理も行います。
JP1ソリューションにより運用コンソールが統一され管理が楽になり、
コスト削減につながりました。不具合の検出や自動アラート、
障害切り分け時間が短縮されました。JP1と既存ITとの相互連携により
ベンダーごとに監視機器が必要だった従来のやり方から解放されました。
自動化はパッチの自動更新なども行い迅速な運用サービスや仮想サーバー
による監視の標準化も行われました。プロビジョニングはJP1/ITRM*や
JP1/AJ3*の組み合わせが効果的でこれにより仮想サーバーのセットアップ
をサポートし、リソース管理や変更管理を自動的に行うようになりました。
*JP1/ITRM: JP1/IT Resource Management – Manager
*JP1/AJS3: JP1/Automatic Job Management System 3
また、JP1/NETM/Desk Top Managementにより資産管理の自動化が行われ作業時間の短縮につながります。
日々の定常業務も自動化されます。価格はサーバー類の監視で
モニタリングマネージャが808,500円。トータルの機器監視する場合は
トータルモニタリングで861,000円。ルール運用機能を加えると1,281,000円。
最適化機能を加えると1,669,500円。不具合対応履歴を加えると2,961,000円。
リモートモニタリング機能を加えると仮想サーバー監視が可能になります。
JP1の代表的な優位性は、Webインターフェイスです。
これは、既存PCのブラウザがあれば使用でき特別なクライアントソフトが
なくても使うことができます。今後JP1はクラウド連携を充実させトータル
運用の新しい形を築くかもしれません。