不動産鑑定士

士業系の仕事の中でも、「不動産鑑定士」を聞いたことがある方は他の職種に比べて少ないかもしれません。

ここでは、その知られていない業務内容について取り上げてみたいと思います。

実は、この不動産鑑定士は司法試験、公認会計士試験と並んで3大国家試験の1つとして据えられている資格なのです。

1963年、「不動産鑑定評価に関する法律」が制定され、施行されました。

それに伴い、「不動産鑑定評価制度」が法定化され、それに付随するかたちで「不動産鑑定士制度」が定められました。

不動産鑑定士の始まりはそんな昔までさかのぼる、伝統ある資格なのです。

 

さて、業務内容ですが、大まかに言えば「地価に対して客観的な価格を明示する人」ということができます。

土地や家の購入を考えたことがある方なら、チラシに「土地○○○○万円」とか「建物○○○○万円」といったフレーズを目にしたことがおありのことと思います。

それは誰が決めているのでしょうか?

それが不動産鑑定士なのです。

地主はより高い値段で土地を売りたいと思いますし、管理人は家を少しでも高く売りたいと思うのが普通です。

しかしながら、買い手である私たち消費者側は少しでも安い土地を、物件を購入したいと思うものです。

ここに希望価格の差ができる訳ですが、両方の要素を考慮に入れたうえで正常価格を決めるのが不動産鑑定士の役目です。

 

上記の場合のような、単純な事例ではその力はあまり発揮されませんが、例えばある土地に税金をかけることになった場合などには、専門的な内容のやり取りになるため、不動産鑑定士が活躍します。

また、ある土地を公共の目的で使用するために買収する場合や土地を銀行の担保に入れる場合、個人レベルのやり取りではなくなりますので、その不動産に対する客観的な価格を明示するために、この職種が全面的に関わってきます。

逆に言えば、このような場合に価格を決定できるのは不動産鑑定士以外いないということもできます。

それほど重要なポストにいるのがこの職種です。

 

この職種は、近年の住宅購入の減少の影響を受けてはいますが、専門的な分野なので就職需要はあります。

目指してみると良いと思います。