司法書士

司法書士は、士業系の仕事の1つですが、どのような業務内容なのでしょうか?

主に、4つに分けて考えることができますので、1つずつ考えてみましょう。

 

(1)不動産登記

まずはこの言葉の意味ですが、「土地や建物などの不動産が誰のものかを公示するための処理」ということができます。

もし、あなたが土地と家を購入したとします。

その場合、この不動産が誰の手からあなたの手に移ったのか?また、いつ移ったのか?ということを法務局で確認できるようにする必要がありますが、その処理を代行してくれるのが司法書士です。

このような、不動産登記という仕事があります。

 

(2)商業登記

赤ちゃんが生まれたときには、戸籍謄本に出生日や出生地、氏名を届け出ることになっていますが、商業における法人の設立においても、これと似た処理をする必要があります。

会社の本店地や会社名、株主が誰なのか?代表者が誰なのか?などの設立登記をする必要があります。

その後も、これらの情報に変更があれば手続きをする必要がありますが、それを行なってくれるのが司法書士です。

 

(3)書類作成業務

書類は数えつくせないと言えるほど種類がありますが、以下にその一部をご紹介します。

裁判所や検察庁、法務局に提出する書類

成年後見人等選任の申立書

相続によって遺産分割の協議が行われたときに必要な書類を作成してもらいたい。

遺言書を作成したい。

最近は不況が続いているため、よくニュースなどで聞くようになった破産申立書の作成、民事再生申立書の作成。

これらもすべて司法書士が行なうものです。

 

(4)訴訟代理

訴訟というと弁護士が活躍するというイメージが強いと思いますが、実は司法書士も関わっているのです。

主に上記のような登記や書類作成などで1度お会いしている方が、問題解決手段として訴訟を起こすとなった場合には、担当司法書士が出てきます。

 

このように、司法書士は広い知識と行動力が求められる職種ではありますが、社会的に必要性が増している、就職需要が大きいものでもあります。