行政書士

「法律・会計」などのいわゆる「士業系の仕事」をこのカテゴリでは取り上げてみたいと思いますが、最初に「行政書士」について考えてみましょう。

行政書士と聞くと、「代書屋」のことだ、とお考えになる方が多いかもしれません。

その通りで、行政書士は代書屋のプロ中のプロであると言えます。

なぜ「代書屋」と関連付けて行政書士が取り上げられるのでしょうか?

それは、行政書士が昔は字を書くことができない人の代書人として活動していた時の名残で、今でも「代書屋」と呼ばれることが多いのです。

ですが、今識字率はほぼ100%に近く、業務内容は昔の「代書屋」とは違いがあります。

 

さて、行政書士の業務内容ですが、みなさんは何を思い浮かべるでしょうか?

行政書士の資格を持っていて、自分の家を拠点にして活動している方も多く見られます。

そうした家の看板を見ますと、以下のようなことが業務内容として掲げられています。

建設業許可申請や自動車登録業務など。

また、会社設立に関連した援助、土木事業各申請の代行、相続についての相談に応じてくれる、遺産分割協議書の作成を代行してくれる、幅広い内容証明の作成。

これらは一例で、他にもさまざまありますが、やはり主に「代行業務」が多いことが分かります。

士業系の仕事は、枝分かれが多いため一概には言えませんが、行政書士の仕事の種類は10000種類に及ぶとも言われています。

 

このように業務内容が複雑、かつ手違いが許されない仕事のため、行政書士の資格を取ってもすぐに自分で事務所を開くということは難しいようです。

それで、まずは他の行政書士事務所でしばらく修行し、それから基盤を作るという方法を取った方がより質の高い業務となり、顧客もつくので良いとされています。

 

社会の情報社会化やグローバル化によって、行政書士の仕事も多様化しています。

インターネットを通じた悪徳商法が最近は増加していますが、そうした問題を解決するために、クーリングオフ悪徳商法解約代行を専門に行なうのは行政書士です。

また、外国人の労働者の増加に伴い、外国人と会社間での問題が増加していますが、それに関連した「帰化申請」などの入国管理局関連業務を専門に行なうのも行政書士です。

こうした傾向から、仕事の種類が10000種類にも上るということをご理解いただけるのではないでしょうか?

 

このように、行政書士は今、競争は激しいながらも、人材が求められている職種です。

資格取得を考えてみてはいかがでしょうか?