薬剤師

薬剤師というとどこで働いているイメージを持つでしょうか?

病院に隣接あるいは同じ建物に入っている薬局で、医師の出した処方箋にしたがって薬を調剤し、他にも薬に関する質問に答えてくれる人というイメージでしょうか?

ある方は別のイメージを持たれるかもしれません。

ドラッグストアで、薬についてのアドバイスをしてくれる存在で、より親しみのある存在かもしれません。

薬剤師法が改正されて、最近では薬局には確実に薬剤師を配置しなければならないということになったため、お目にかかる機会が増えたと感じる方がいらっしゃるかもしれません。

それだけ薬を処方されている方、薬を必要として購入する方が増えてきているということでもあります。

少子高齢化社会ですから、当然の流れと言えるでしょう。

 

病院に関連した薬剤師の仕事については、多くの方がすでにご存じのことと思います。

それで、ここでは特にドラッグストアにおける薬剤師の仕事に注目したいと思います。

ドラッグストアにおいては薬品以外にも多くの商品を仕入れているために、それらさまざまな商品に関する知識についても取り入れて、消費者が相談してきたときにしっかり答えられるようにしておく必要があります。

薬剤師はあまり人と関わらない仕事であるというイメージを持たれている方も多いかもしれませんが、上記のような場面が増えてきているために、コミュニケーションスキルも必要とされるようになってきています。

しかも、たいていの患者さんやお客さんは薬に関する知識を持ち合わせていませんから、そうした方にどのように難しい事柄を上手く伝えるのか、ということも意識していなければなりません。

 

薬剤師の人口が増える傾向がある近年では、製薬会社に勤務する方はもちろんのこと、化粧品業界に勤務する方もいらっしゃいます。

化粧品でも、医薬品に近い扱いのものが増え、需要が広がっているのです。

また、大学や研究機関に薬剤師がいて、主に薬に関する研究を行なうように配属される方もいらっしゃいます。

 

病院、薬局、ドラッグストア、大学や研究機関などニーズが増えている薬剤師を目指して進路を定めてみるのも面白いかもしれません。