病院で仕事をする看護師の研修

看護師は直接治療はしませんがスキルアップをすることもできますし、
新人が入ってきたときには研修などを行ったり、管理職向けの研修というのもあります。

看護師として仕事をしていても医療はどんどん進化していきます。
新化することで新しい知識・技術を身につけていかなくては、
患者さんのケアをする時にも影響してくる可能性というのはあります。

新人の看護師は新しいことばかりなので、職場になれるのと同時に、
患者さんのケアをしていく必要があります。

患者さんにも比較的軽症な人・重傷で動けない人などいろいろな人がいますが、
そういった人たちのケアをするには看護するために必要な知識・技術というのも覚える必要があります。

下記は、東京都町田市にある、鶴川記念病院の看護師・訪問看護師の求人募集サイトです。

>町田にある鶴川記念病院の看護師・訪問看護師の求人募集サイト
http://www.tsurukawakinen.or.jp/recruit/

こちらの町田の病院を見てもわかるように、教育体制について書かれています。

新人社員向けの研修や定期勉強会、更には、合同研修というのがあるので、
受講して看護師の定借・成長をさせていくということができます。
このような研修制度を設けている病院が現在では増えてきた傾向にあると言えるでしょう。

新人研修では職場の風土を分析・診断スキルを付けたり、
見る目を養ったりということを目的としたものになります。

中堅社員向けの研修はチームワークというのも必要になってくるので、チームワークに貢献するためにはどのような状態になっているのかということを分析をする必要がありますが、そのための分析スキルを養っていくという研修になります。

そして、主体的なチームワークに働きかけることができるようにするためには、
コミュニケーション・ファシリテーションスキルを身につけていく必要があります。

病院で働く人を育てる必要があり、人材を育てていくためにも、
リフレクション支援者養育研修があります。
看護をするにも実体験して成長をしていくかということも大切な課題にもなります。

看護師は患者さん・その家族と接することが多いので、
コミュニケーションの取り方・看護観の形成などは必要になってきます。

リーダー・管理職の研修になると仕事に必要な知識は一般の社員に比べると高度化・専門化が進んできています。
患者のニーズに対応するためには必要なことなのかもしれません。

病院によっても研修をしっかりと設けているところもあるので、
そういった研修・スキルアップ体制がしっかりしているところがいいかもしれません。