医院・クリニックのスタッフ募集

新しいクリニックの医師の技術や腕はもちろん重要ですが、それ以上に重要なのはスタッフだと思います。
患者は、医者以上にスタッフと関わる時間方が断然多く、優しいスタッフで尚且つスキルや知識の高いスタッフがいるのは安心してそのクリニックに通うためには必須だと思います。
まず、医者ではなくスタッフの雰囲気でそのクリニックの雰囲気が変わると思います。きびきび働いてはいるけど無愛想なスタッフばかりでは気軽に健康相談や病気のことを聞く気持ちにはなれません。また、診察時に聞きそびれたことや質問が出てきた時に聞きにくい雰囲気を出しているスタッフはたとえスキルや技術が優れていても、個人クリニックでは不向きだと思います。
技術があり、患者目線でケアしてくれるスタッフがいると心強いです。例え、怖い先生がいても優しいスタッフに救われます。
辛い検査の最中や、辛い検査の後に、「よく頑張ったね」とか「毛布いる?タオルいる?」と聞いてくれるのはすごくうれしいです。
医療スタッフだけでなく、事務員も重要です。以前通っていたクリニックで患者に悪評判の事務員がいました。
窓口で診察券を出したり会計するだけなのですが、口のきき方が悪くあまりにも無愛想で、その人が窓口にいるだけで、別の曜日に変えたくなったり、さらにはクリニックを変更させた人もいます。
もちろん病院ですので販売員のように笑顔で対応する必要はありませんが、無愛想な事務員を雇ったばかりに患者数が減ることもあります。
医療業界はどうしても女性の比率が高くなります。
医院やクリニックの場合、医師以外は全員女性という場合も少なくありません。
ここで面倒で厄介なのが人間関係です。
女性同士のの人間関係は、男性が思っている以上に複雑で、一度混乱すると修復不可能なくらいあっというまに人間関係が最悪な状態になることもよくあります。
この人間関係は、ひどくなると患者側にも分かるようになってきます。みんなに気がつかれないようにさりげなく嫌がらせをしていても、同じ女性同士、患者でも気が付くし、とても嫌な気分になります。
スタッフ選びは慎重にすることをお勧めします。

スタッフをを雇うことも大事ですが、働く環境を整えることも重要です。