友達に教えてもらった面白いドラマ

先日友達からメールをもらって、それからずっと延々リピートで見ているドラマがあります。
『勇者ヨシヒコ』シリーズです。

実にくだらない話なんですが、どことなくクスッと笑えて憎めないんです。
山田孝之さんの独特の演技がまた堪りません。
言動を見てるだけで笑えてきます。

『ドラゴンクエスト』を模した話なので、ところどころ『ドラゴンクエスト』なんですが、
勇者ヨシヒコが旅に出ることになった経緯とかがホントくだらないんです。

『勇者しか抜けない』と言われる岩に突き刺さったままの剣が、
ヨシヒコが前に立っただけで岩から抜け落ちて、ヨシヒコが勇者ってことになっちゃうんですよ。

で、ヨシヒコは知識がなくて、とても現実的な考えの人なので、
最初は全力で勇者であることを否定するんですが、人のいい性格なので引き受けてしまうんですね。
でも、実際にヨシヒコの父親は魔王討伐に行ったきり帰ってきてなくて、『父親探し』の名目でヨシヒコは旅に出るんです。

旅立つまでの設定がもう既に笑えるのに、更に笑えるのはサブキャラの設定ですね。
仲間になるのはナルシスト戦士と、子供の落書きのような人相書きで仇を探す村の娘、そして、変な魔法ばかり覚える魔法使いです。

一見真面目のようで、かなりナルシストが入った戦士は攻撃フォームもカッコよく決まっています。
宅麻伸さんが演じているのがまた渋くていいんですよね。

魔法使いはホントに変な魔法ばかり覚えます。
ブラがずれたような不快感に襲われる『ブラズレ』とか、いつ使うんですかね。

『勇者ヨシヒコ』シリーズ、また新しくドラマ開始するので見るのが楽しみです。