靴ずれだらけの私

私の足はよく言えば繊細な様で、少しでも相性の悪い靴があるとすぐに両足にお揃いの靴ずれが出来てしまいます。
ここ数年で買った10足の靴の内、9足は靴ずれの痛みで履くとことが出来ずリサイクルショップ行きとなりました。
絆創膏を最初からかかとに貼って厚手の靴下を2枚重ねにして履くことで、何とか靴ずれを回避出来ることもあるにはありますが…。

色々な素材の靴や横幅が広い4Eサイズの靴を試したりもしましたがほぼ全滅です。
今の私の足が唯一受け入れてくれるのは、かかと部分にとても柔らかい素材が使われている靴のみです。
そのようなわけで、私は足元のオシャレに関しては諦めています。
むしろ靴ずれが出来ない靴を見付けることの方が大変なので、見付けた時はデザインが多少イマイチでも嬉しくなってしまいます。

数年前までは靴ずれとはほぼ無縁の生活でした。
高校時代に慣れない革靴を履き始めた頃少し出来たくらいです。
こんなに靴ずれが痛くて辛いものだと大人になって知ることになってしまいました。

靴ずれが出来るようになってしまった原因かどうかは分かりませんが、昔に比べて両足のかかとが少し出っ張ってきている様な感じがしています。
かかとの骨がちょっと出っ張ってきたと言う方が正しいのかもしれません。

先日幸運にも足の専門家の方にお会いする機会がありました。
足のことを相談してみるとじっくり足を観察して見解を述べてくれました。
「かかとの出っ張りも原因としては十分に考えられますが、あなたが最適だと思って履いている靴のサイズが合っていない可能性もあります」
そこで勧められたのが靴のオーダーメイドです。
結構良いお値段なので沢山は買えませんが、足を細かく計測して作ってくれるみたいです。
これで靴ずれ生活と決別出来るかは微妙ですが、近いうちにお店まで行ってみようと考えています。