キリル文字ってかっこいい

キリル文字ってかっこいい

ロシア語などに使われるキリル文字を始めて見た時、魔法使いの呪文のように見えました。
これが読めたらかっちょいいだろうな~と憧れたのが、ロシア語を勉強し始めた理由です。
ロシア語でうまく話せなくても、うまく聞き取れなくても、まずは読めるようになりたい!と思いました。

ゆっくり指でなぞりながらかたことでも読み上げたら、
私の周りになにか魔法めいた光の輪がふわーっと現れそうで(アニメの観すぎ?)。
うちにはテレビが無いので、まずはラジオでロシア語講座でしょってことで、3年前に始めました。
もうすぐ4年目か~。

一つ一つの文字が、なんという名前で、どう発音するのか。
それを知っただけでもすごく嬉しかった。
全て覚えるのは無理なので、忘れちゃうものは気にせず、どんどん進めていきました。
とりあえずロシア語のつくりの基本的な部分を知ろうとしました。

一つの教材が終わると、別の教材を買ってきました。
同じ教材を使って繰り返し覚えようとするとすぐに飽きちゃうからです。
新しい教材を読んだとき、「そういえばこんなのあったな~。でも詳しくは忘れてるな~。」と感じます。

その「詳しくは忘れてるな~」が教材を変える度に減っていくのが楽しいです。

インターネットのロシア語サイトもいろいろ駆使して勉強しています。
まだまだ初心者の「しょ」のレベルですが、ゆっくり楽しんで勉強しています。
一つ一つの単語の意味を調べ、文の意味を推測する作業が、考古学者か探偵のようですんごく楽しいです。