いつもと黒猫の様子が違う

いつもと黒猫の様子が違う

今日は新入りの黒猫の様子がどうもおかしい気がします。
まだ家に慣れていないから落ち着きがないのはしょうがない事だけど、
鳴き方が昨日までと全然違って、なんだか切実な感じの鳴き方なのでとても心配です。

食欲はあるし、トイレの様子も異常はみあたりません。
抱っこをさせてくれればお腹の張り具合もチェックができるけど、まだ抱かせてはくれないからそれも難しいのが現状です。
時期的には発情期にはまだ早いと思うし、どこかが痛いのかが心配です。

こんな時、動物の言葉が分かったらなぁと切実に思います。
どこが痛いのか、何が欲しいのか、人と違って動物がそれを伝える事が難しいから、
毎日猫の様子を観察して猫の性格を掴むしかありません。

言葉を離せない動物でも長く一緒に過ごしているとだんだんとその猫の望んでいる事が分かるようになります。
それは猫の方が「ここで鳴けばごはんがもらえる」「ここで鳴けばトイレを片づけてもらえる」という風に学習してくれるからです。

一番長く一緒に暮らしている猫に至っては鳴かずとも意思を伝えてきます。
なんだか視線を感じると思うと猫がじっとこちらをみていて「どうしたの?」と声をかけると、
ごはんが欲しい場合は、猫用のごはん台の前に座りこちらを振り向きます。
トイレをきれいにして欲しい場合は、トイレの前に座ります。
抱っこをして欲しい場合は、私の脚に体を擦り付けてきます。

また体調の悪い時は、猫の匂いや目の感じでこちらも気づく事ができます。
長く一緒に暮らすと言葉が通じなくてもコミュニケーションが取れるようになってきます。