失敗しない二世帯住宅の設計のポイント

二世帯住宅に住むことは、親世帯にサポートしてもらいながら子育て出来ることで子世帯の負担が軽減されることや、
親世帯の介護が必要な場合に手助けしやすいことなどが挙げられます。
つまり、お互いの生活を補いあって暮らしていくことが二世帯住宅で生活するメリットでしょう。

よく二世帯住宅にした為に、親世帯と不仲になってしまったという話も聞かれますが、
お互いにプライベートもなく干渉しすぎたり、生活リズムの違いから騒音などがストレスになる、
嫁と姑の関係が難しいことなどがデメリットとなります。

二世帯住宅のデメリットをカバーしながらメリットを伸ばしていくには、
設計の段階で問題点を明確にして解決していくことが重要です。
下記のような業者は、間取りをどうすればいいかなどの相談にものってくれますので、
迷ったらまずは相談してみましょう。

注文住宅・二世帯住宅の間取りならT&W(ティーアンドダブリュー):東京・埼玉・千葉・神奈川

二世帯住宅には種類があり、大まかに共有型と分離型と分けられます。
分離型でも、室内から自由に行き来出来る通路やお互いが集まれる共有スペースを設けたり、
キッチンやお風呂などの一部だけ共有するということも可能です。

設計のポイントとしては、生活していく家族のプロフィールから部屋数や配置などを決めていくことなんですが、
そこで将来を見据えて、もし親世帯が亡くなった場合や子世帯が独立した場合のことも踏まえて考えておくと良いでしょう。

次に、全くの分離型にするのかどうかですが、
将来子どもだけで親世帯のスペースに遊びに行くとなった場合に、
わざわざ外に出て玄関から入るのは面倒でしょう。

それなら、室内から自由に行き来出来る通路や全員で集まれるスペースがあると、
コミュニケーションもとれるので、これこそ二世帯住宅のメリットと言えるでしょう。
でもキッチンやお風呂を共有するなら、お互いの生活リズムが合っているかどうかは確認しておきましょう。
食事の時間や就寝時間などが違うなら、お互いストレスになりかねないので分離することをオススメします。

何を優先したいかによっても変わってきますが、
仲良く生活していく二世帯住宅にとって、設計や間取りはとても重要になってくるので、
慎重に決めていきましょう。