リワーク支援の重要性と必要性

リワークとは、うつ病などのメンタル不調で長期間休職した人がある程度回復した時点で仕事に復帰しようとする際に、準備として行うトレーニング的なものです。
いきなり職場に戻るのではなく、一種のリハビリ施設のような所で専門家のサポートの下徐々に仕事に慣らしていく作業で、生活リズムを取り戻す所から始めるようです。メンタル不調で休職した人の場合、生活リズム自体が狂っているケースが大半でここを正常に戻すことが非常に重要なポイントとなります。
また同じような状態の人達と一緒に作業を行い、自分だけが休んでいるのではない、焦る必要は無いと認識することも大切なポイントのようです。
こうした準備を数カ月単位の期間をかけてじっくり行います。
就職支援の相談に応じていると、うつ病を患った人の多さに驚きますが、同時に彼らが復職しようとする場合には2つの課題があると感じています。
一つ目は長期休職した後ろめたさから「早く元通りに仕事をしなければ」ととても焦っている点です。そのため自分自身の状態を把握せずオーバーワークになってしまい、かえって症状を悪化させてしまうことも少なくないようです。
心療内科の医師などから聞く「もう働いても大丈夫ですよ」という言葉が、彼らには「働かなければいけませんよ」と聞こえているような感じで、無理をしてしまうのでしょう。
その一方で、実際にはとても大きな不安を抱えながら仕事に臨んでいるという点が二つ目の課題だと思います。
以前と同様の仕事が出来るだろうか?皆がどんな風に迎えてくれるのか?そして一番大きな不安が、またメンタル不調に陥るのではないか?という考えです。
こうした課題を解消するうえでもリワーク支援は非常に大切だと思います。少しずつ時間をかけて自信を取り戻すことで、スムースに職場への復帰を果たすことが可能になります。
しかしこうした支援はまだまだ浸透しないように感じます。メンタル不調者に対する職場の理解も重要ですが、外部組織によるリワーク支援の浸透も今後求められる課題だと思います。

病院としてリワークを支援している例はこちらで。