問題解決能力はトレーニングで鍛えることができる?

問題が発生したときには解決をしようとしますよね。
問題解決をするにしても能力がないと解決するものも解決しなかったり、
逆に悪化してしまうということもあるかもしれません。

問題解決能力というのは誰しもが最初からあるという人は少ないかと思うので、
ほとんどの人はないことが多いのではないでしょうか。
問題解決能力を鍛えるにはトレーニングをすることでついてきます。

どのようなトレーニングをすればいいのかというと、
トレーニング方法はだから何(So what?)という視点を持つことが大切になり、
人と話をする場合にも否定をすることなく、問いに変えるということです。

話をしていて考え方が違うということもあるかと思いますが、
そういった時でも否定をしたりして会話を終わらせたりせずに、
最後まで話を聞くようにしましょう。

その時に自分と違う考え方もあるんだというように思うようにすることで、
新しい視点を増やすことにもなります。

参考サイト:問題解決・課題達成のポイント:https://www.juse.or.jp/solution/point01/04.html

新しい視点をどんどん増やしていくことで、得られる知識も増えてくるので、
多くの知識を持つことで解決にもつながってきます。
また、問題となっていることも傷口を浅くてすむということもあるかもしれません。

例え、自分と違うということでも他人の話をよく聞くことで、
固定概念というものから抜け出すことができるかもしれません。
固定概念がなくなることで問題解決能力というのもアップしてくる可能性はあります。

問題解決能力を付けるということはだから何という視点を持つことが大切で、
ビジネスの問題解決能力を養うことができるようになります。

問題解決能力を鍛えるのは勤務時間だけでなく、
日常生活においても常に考えることが大切になってきます。

何かを考えるということはあるかと思うので、そういった時にも問いに置き換えて、
問いを作るようにするといいかもしれません。
例えば、何がしたいのか、何が欲しいのかなど…

問題解決能力を鍛えることでいろいろな場所でも役に立つ可能性もあるので、
トレーニングをして身につけておいてもいいのかもしれません。