契約書に関することについて

契約が成立するには、契約をする当事者同士がその内容について合意してさえすればいいわけです。合意とは、一方が契約を申し込んで、相手がそれを承諾するということになります。それでは、契約書とはどういうものなのかについて、記していきたいと思います。

個人で考えるのが難しいかたは法人に依頼してみるのも一つの手段です。

1.書面で交わした契約は法的な強制力をもった約束となる。
原則として、裁判所の力を借りて約束を守らせることが出来るのです。このことは、大きな意味をもつ効果の一つです。
2.契約には、いくつもの種類があります。
一般的に馴染みのあるものは、売買契約書、消費貸借契約書、賃貸借契約書、雇用契約書などがあり、その他にもいろいろな契約書があります。
3.契約書作成の理由
契約書が契約に関する事項を証明する重要な証拠となるのです。企業間では、契約書を作成しておく方が取引がスムーズにいくので良いと思われています。
4.契約自由の原則
売買契約ではどのようなものを売らなければならないのか、或いは賃貸契約ではどのような建物をかさなければならないのかなどと言った、契約の内容については、原則として当事者間で自由にきめることができますが、このことを契約自由の原則と言われます。ただ、この契約自由の原則も、法令によって制限されることがあり、このことを強行規定と言われているのです。強行規定に違反するような契約は効力が及ばなく無効となります。ですから、契約書を締結する場合には、契約条項が強行規定に触れないかどうかを確認する必要が出てきます。よくある例として、契約が「公の秩序」または「善良の風俗」に反することを目的とする場合には、効力を生じないことになっています。

それと、契約を交わす時の注意点ですが、相手に契約を交わすことのできる権限があるかどうかをしっかり確認しておくべきです。そして、確かな書面にしておく為に、公証人役場へ出向き公正証書にしておくべきが良いと思います。