リワーク支援プログラムの内容

リワーク支援プログラムに参加する目的は再発・再休職をしないように予防をすることになり、
メンタルヘルス不調により休職者が復職に向けてのプログラムになります。

リワーク支援を行っているところはいくつかありますが、
参加するところにより多少プログラムの内容は異なることもあるかもしれませんが、
基本的には復職に向けてのプログラムといったものになります。

リワーク支援プログラムは再発予防をすることが大切になり、
そのためにも原因・仕組みなどといったことを理解をする必要があります。
知識を得ることで再発しないように心がけをすることができたり、
生活習慣を身につけるということでも大切になります。

リワーク支援プログラムに参加することでいろいろな効果もあり、
基礎代謝の向上・リラックス効果(ストレッチ・リフレッシュなど)・体力回復(ウォーキング)・ストレスに対処方法を身につけることができます。

リワーク支援プログラムの内容は認知行動療法・再発予防のための知識などを得る・生活リズム・病気の理解・薬の知識をつけて、職場に復帰した時に必要な集中力をつけたり、集団え行うグループワークなどを行っていきます。
そして、その他にはスポーツをしたり、趣味活動などもあります。

認知行動療法というのは思考・考え方をマイナス思考ということが多いのですが、
その場合に少しずつほぐしていき、よりよい対処方法を得られるように治療をしてく方法になります。

グループワークというのは社会ではコミュニケーション能力が必要になるので、
少しずつ集団行動になれていくために、共同作業(研修ゲームなど)を行い、
社会性を回復していきます。

また、自己管理能力というのも高めることもできたり、
趣味活動を行うことで体力の回復・気分転換をすることができたり、
職場復帰をするために作業能力・集中力というのも回復をしていきます。

参加する場所にもよりますが農作業というのがプログラムにあるということもあります。
農作業は体力の向上・メンタルのリフレッシュ効果もあるということで、
プログラムに組み込まれている場合もあるようです。
足立病院http://www.rework-program.jp/