職業の種類や業務内容・業界を知り仕事を選ぶ

世の中には実に多くの職業の種類があるものですが、このサイトではそのような数多い職業の中から一部分を取り上げて、業務内容や業界のことを知っていただければと思います。

大まかに6つのカテゴリに分けて考えてみましょう。

職業の中でも多いのはサービス系の仕事です。

その中でも7つの職業に注目します。

あなたが就いている仕事も含まれているでしょうか?

自分から調べないとあまり知る機会がない職業をここでは取り上げて、興味を持っていただくとともに、知識として取り入れていただければ嬉しく思います。

仕事選びの際に、このサイトを参考にしてヒントを得てもらうことも目的として情報提供していきたいと思います。

 

高齢化が進んだり、ストレス社会になったりと医療や福祉面での職業も多くの人材が必要とされています。

看護師を初めとする医療機関スタッフの業務内容も垣間見ることにしましょう。

情報化社会になってきていると言われてからだいぶ経ちますが、やはりパソコンやIT関係の職業の需要も増えてきています。

セキュリティは情報社会の重要な、そして基本的な必要を満たすために不可欠です。

また、最近ではWeb関連の業種も人気があります。

Webデザイナーがどのような仕事をしているのかについても扱いたいと思います。

衣食住が人間には不可欠なものですが、特に「衣」の部分においてもやはり業種は多様です。

主に服飾品や化粧品、そして美容師の仕事内容に注目して調べてみましょう。

資格試験において、毎年多くの方が受けるのは行政書士、司法書士、税理士、そして不動産鑑定士ですが、これらについても詳しく仕事の内容を調べましょう。

いわゆる職人技を身に着けて働いている方も大勢います。

特に4つの業種を調べて、職人さんがどのように社会を支えているのかという点についても見ていきましょう。

 

このように職種はさまざまですが、基本的に社会人はどんな職種であろうと働いて生活している訳ですが、まず押さえておきたいのは基本中の基本である「仕事をする」「働く」とはどのようなことなのか、ということです。

その意義について、最初のカテゴリで取り上げます。

では、いろいろな仕事の世界へと体感旅行することにしましょう。